内田のポケモンだらけ生活

主にポケモン時々その他。

【さよならドンファン】水戸ロコCL使用ドンファンデッキ

 

 

水戸ロコチャンピオンズリーグに参加してきました。

あと、これを機にドンファンデッキを卒業しました。

 

 

 

 

新レギュになってドンファンデッキは色々と逆風な中、何度も練習し完成度はかなり高くなったかなと思います。

 

まずはデッキレシピです。

 

f:id:poke-darakelife:20200222183527p:image

 

 

 

次に結果をお話しします。

 

 

予選一回戦、三神ザシアンウルネク(負け)

ジラーチがビンタしてきた。辛い。

 

予選二回戦、子ズガ(負け)

ブレイザーしてきた。サポート引けなかった。辛い。

 

予選三回戦、子ズガ(勝ち)

ドンファンデッキと戦い慣れていなかったのだろうか。相手はよく分からないプレイングでズガドーンが攻撃せず、先攻2ターン目でドンファンが立ちどんどん倒していった。やりきったという勝利ではないが勝ちは勝ち。

 

予選四回戦、ジュラルドン入りスピードザシアン(負け)

ジュラルドンが殴るわガラルニャースが殴るわジラーチが殴るわ辛い動きしかされない。

 

予選五回戦、ロストマーチ(勝ち)

ロストマーチは打点調整出来ないし、モンメンやネイティはHP40なのでジガルデでも倒せるのでほぼ負けないです。

 

 

結果は2勝3敗で、38人中25位でした。

目標は1勝することだったので目標達成できてとりあえず安心です。

 

 

 

 

では個別カード紹介でもして終わりにしましょうかね。

 

ゴマゾウ(4)ドンファン(4)ディアンシー◇(1)ミュウ(1)

いつものドンファンセット。ゴマゾウドンファンはメインなので4-4で、頑丈により2回殴れるのでディアンシーは実質+40、ベンチ狙撃からゴマゾウドンファンを守るandベンチ狙撃をするミュウ。

今回シャドーボックスのミミッキュが入っているので、ばらまけるミュウはより相性が良いです。

 

 

ジガルデ(4)

トラッシュに行った闘エネルギーをベンチに付けられる、ドンファンが育たない間の仲介役を担う。ジガルデが並べば並ぶほど火力が上がっていき、ディアンシーも合わせれば1エネで80ダメージとか与えることもしばしば。ベンチにいっぱい並べたいので4枚。

 


ミミッキュ(1)

超パーフェクションが流行っているため採用。これによって戒めも採用している。

 

 

アブソル(1)

ジラーチをバトル場に止め、ドンファンのローリングスピンで倒す。

ただこれは表向きの理由で、実は攻撃もしてもらうために入れた。ユニットエネルギー闘悪妖を採用することで、今流行りのゲンミミオロヨノを弱点で一撃で倒すことができる。超ミュウミュウに対して、ミミッキュを出し、アタッカーを切り替えてきた時点でアブソルで攻撃する。ツインエネルギーを共有できるのが良い。

 

 

クイックボール(4)

当たり前の4枚採用。ドンファンデッキにとってはコストが重いが、ジガルデを採用したことによって闘エネルギーをコストにすることができるようになった。

 


ポケモン通信(1)

フウロからドンファンを持ってこれるカード。しんかのおこうじゃないのは、手札にドンファンがいっぱいあるときに戻せるから。ドンファンがいっぱい手札にあるとカスタムキャッチャーのドローが弱くなる。

正直無くても困らないが、他のポケモンも持ってこられることも考えて一応1枚だけ採用。

 


ギリギリポーション(2)

SMレギュでは1枚採用だったが、新レギュになりザシアンが登場したため、使用機会が多いと考えいつもより多めの2枚。フウロから持ってこられるのでアクセスがしやすくなった。

 

 

カスタムキャッチャー(4)

フウロから持ってきて呼び出しor無理矢理ドロー。カスタムキャッチャーはハンデス耐性があるのも強い。

 


グレートキャッチャー(1)

フウロから持ってきてデデンネGXを呼び出せる。デデンネGXが採用されているデッキが多いので今のところドンファンデッキに入れて損は無いカード。カスタムキャッチャーも採用しているので1枚。



隠密フード(1)

ドンファンに付ける。フィオネでローリングスピンの威力が下がらないようにしたり、ホミカマタドガスギラティナでダメカンが乗らないようにしたり、キュウコンで呼び出されないようにしたり。便利だが2枚は過剰。

 

 

くろおび(1)

カウンター時、グズマハラからツインエネルギー、黒帯を持ってくることでドンファンがすぐ起動する。格闘道場に乗らなかったり、必ずしもカウンター状態になるわけではないため1枚。

 


ザオボー(1)

混沌のうねりを剥がしたり、隠密フードを剥がしたり、風船を剥がしてアブソルのダメージが下がらないようにする。

 

 

フウロ(2)

ギリギリポーションや格闘道場を持ってこられるようになったのでドンファンにとっては強化されたカード。次ターンに備えてサポートを持ってくることもあるため、サポートの種類は豊富になっている。終盤になってカスタムキャッチャーを持ってこられるのは強いが序盤でデッキはあまり回せないので2枚だけ。

 


マリィ(3)シロナ(4)

デッキを回すために入れただけなのでマリィ4にしても良い。

個人的にマリィは相手が事故っている時に打ちたくないことがあるのでそんなにいらないかなと思いつつ、ギリギリポーション、カスタムキャッチャー、格闘道場など後で使いたいカードを下に埋めるのが強いので3枚くらいかなと思った。

 


グズマ&ハラ(1)

カウンター時、黒帯ツインエネルギーでドンファンが即起動。道具が黒帯と隠密フードの2枚しかデッキに入っていないので、道具がどちらか1枚普通に引いたりサイド落ちすることを考えてグズマハラは1枚で採用。

 


博士の研究(1)

7枚ドローは強いが手札全部トラッシュはやりたくない時もあるので1枚。

 


エリカのおもてなし(1)

最近はベンチを並べるデッキが多いので入れた。ギリギリポーションドンファンなど手札に抱えてしまうカードがある時に使えないことがあるので1枚。

 


格闘道場(2)

仲介役のジガルデがいることで殴る回数が多くなっているので2枚。ディアンシーがいない時ドンファンのローリングスピン1発目はデデンネGXを倒せないが、格闘道場で10点上げることで倒せるようになる。

 


戒めの祠(1)

これとミミッキュを合わせてミュウミュウを封印する。ただ最近はVのデッキも増えているので1枚に留めた。

 


トキワの森(1)

フウロからエネルギーに繋げられる。相手にも使われたりうねりで弾かれたりするのでエネルギー転送・スピナーでも良いが、グズマハラでも持ってこられること、エネルギートラッシュ→エネルギーの動きができたり、次ターンも使える可能性があるのでトキワの森を選んだ。

 

 

基本闘エネルギー(8)ユニットエネルギー闘悪妖(1)ツインエネルギー(3)

アブソルでシャドーシーカーを打つためにユニットを1枚採用。シャドーシーカーを打つ理由はアブソルの採用理由欄で説明した。

ツインエネルギーが3枚なのは、このデッキはジガルデを挟むため、意外とツインエネルギーが邪魔になることが多いから。ただドンファンはもちろん、ミミッキュやアブソルにも使えるので減らすのは1枚だけにした。

ジガルデブーストファングでトラッシュのエネルギーをつけるのが強いため基本闘エネルギーは多めに採用している。

 

 

 

採用見送りカード

 

デデンネGX

あればもちろんデッキが回るので採用したかったが、環境にグレートキャッチャーが入っている構築が多く、呼び出されてサイドレースで不利になってしまうと考えてめっちゃ我慢した。

 

 

マオ&スイレン

今まで作ってきたドンファンデッキはドンファンが死ぬ=負けになることが多かったが、ジガルデを採用したことによって使用機会が少ない、むしろ無い。

また、ドンファン全回復に対して、サポート権使用and2枚トラッシュ&ローリングスピンの威力低下というデメリットの方が大きかったりするので不採用となった。

 

 

Uターンボード、風船、ポケモン入れ替え

マオスイレンが無くなったので逃げる必要が無くなった。

初手ディアンシースタートの時欲しくなるけど練習でほぼ無かったのでそれは諦めた。

 

 

 

 

以上です。

ドンファンは僕がポケカを始めて間もない頃(2019/6月?)からずっと使い続けて来ましたが、これにてドンファンデッキは卒業することにしました。理由はTwitterでも話していますが、ドンファンデッキを作り過ぎてアイデアを絞り過ぎて、これ以上作るのが辛くなってしまったというのが1番大きいです。

ただドンファンは僕を大会上位に連れて行ってくれました。前回の水戸ロコCLのベスト8、EPCの準優勝です。僕が大会に出たのは今回の水戸ロコCLを含め3回だけなので、2/3で上位になってます。やっぱりドンファンは強かったです。

これからはもうドンファンデッキを手放しますが、ドンファンデッキを使った思い出は忘れません。

ありがとうドンファン、さよならドンファン