内田のポケモンだらけ生活

主にポケモン時々その他。

【ポケカ】ズガドーンアーゴヨン

 

結構長く使い続けてきたデッキなのでデッキ紹介や使用感等をお話しします。

 

 

 

 

ズガドーンアーゴヨンとは

ズガドーンアーゴヨンは、ズガドーンGXを主体にして戦うデッキ。魅力は青天井の火力であり、HPが高くサイドを取れる枚数が多いタッグチームには最大級の強さを誇る。

アーゴヨンズガドーンGXの火力を上げるために入れる。炎エネルギーをトラッシュしていけば、アーゴヨン1体につきズガドーンGXの火力が毎ターン50ずつ上がっていく。

 

ズガドーンGXの弱い点

ズガドーンGXの主な技、ビックリヘッドは場の炎エネルギーをロストする。そのため、ロストの枚数に見合わないサイド、つまりHPが高い非GXには上手く戦わないと炎エネルギーが無くなって負ける。ヒードランGXやアーゴヨンを駆使して炎エネルギーをロストしない戦い方をしたり、1エネロストでジラーチを倒して相手の動きを止めるなどして戦う。

 

 

ズガドーンの理想の動き

序盤はズガドーンGX先頭で殴っていくのだが、前のズガドーンGXが倒れてからが本番。

オドリドリGXの「たむけのまい」、アーゴヨンGXの「ウルトラへんかん」、ヒートファクトリー、サポートのドローなどでビーストリングを引きにいく。この山掘り性能とビーストリングがズガドーンアーゴヨンの強さに繋がる。この山堀り性能によりハンデス耐性が非常に高いのも魅力。

ビーストリングやチャージアップ、溶接工で場にエネルギーが大量に付けばズガドーンGXの火力は馬鹿にならない。これが青天井と呼ばれる所以である。

2体目のズガドーンGXには島巡りの証が付いていることが理想。2体目が倒されても相手サイド3枚なので、もう一回ビーストリングチャンスが生まれる。

最後にバーストGXで取りきれなかったサイドを取る。

 

 

新レギュでのズガアゴ

旧レギュ

f:id:poke-darakelife:20191229075411p:image

 

新レギュ

f:id:poke-darakelife:20191229085817p:image

新レギュでもタッグチーム環境であることは変わりなく、旧レギュと同じくらいの強さを感じる。旧レギュのデッキ自体がAのカードがあまり入っていないので大きな変更点は無い。

旧レギュでは必ず先攻を選んでいたが、新レギュでは必ず後攻を選ぶようになった。溶接工を引けばズガドーンGXが後1で最大150ダメージを与えることができて、ビックリヘッドを打てないとしても、さくれつバーナーで負担をかけられるのは強い。

 

 

個別カード紹介

ズガドーンGX(4)

f:id:poke-darakelife:20191229145647j:image

4枚必須。出来るだけズガドーンGXスタートしたいし、アーゴヨンGXのウルトラへんかんでトラッシュもするから。3枚しか入れてないデッキ見るけど1枚減るだけで僕は相当弱くなると思う。

バーストGXについては最初に打つ人もいるが、僕は最後に打つ派。リセットスタンプされた時に引ける枚数が増えるから。サイド1リセットスタンプされてもバーストGXで勝ちなので、最低でも2枚引ける。

 

 

ベベノム(4)アーゴヨン(3)アーゴヨンGX(1)

f:id:poke-darakelife:20191229145707j:imagef:id:poke-darakelife:20191229145723j:imagef:id:poke-darakelife:20191229145552j:image

ベベノムはアイオープナーでエネルギーの位置を知りバーストGXで確実にエネルギーを付けることが出来る。ただそれほど使う機会は無い。

アーゴヨンGXの枚数について、2枚入れてる人もいるが、僕が使う限りでは2枚欲しいと思ったことは無い。優先的に進化させるのはチャージアップのほう。

 

 

デデンネGX(1)

f:id:poke-darakelife:20191229145743j:image

エネルギーの枚数が多いため初手の手札事故や、リセットスタンプから切り返すカード。

 

 

オドリドリGX(1)

f:id:poke-darakelife:20191229145831j:image

理想の動きで説明した通り、ズガドーンGXが死んで相手サイド4枚、たむけのまいビーストリングが強い。

 

 

ヒードランGX(1)

f:id:poke-darakelife:20191229145848j:image

炎エネルギーをロストしないアタッカー。場にエネルギーがたくさんついていることが多いので、バーニングロードとの相性が良い。ただ入れ替えカードが無いので実質逃げ0アーゴヨンで入れ替える。

 

 

クイックボール(2)プレシャスボール(2)ミステリートレジャー(2)

f:id:poke-darakelife:20191229145907j:imagef:id:poke-darakelife:20191229145916j:imagef:id:poke-darakelife:20191229145927j:image

旧レギュのプレシャス4ミストレ4から変更。テテフが居なくなったことでポケモンサーチ手段を減らした。このデッキ特有の山掘り性能により直接ポケモンを引けることが多いためこれでも十分回る。

 

 

ビーストリング(3)基本炎エネルギー(14)

f:id:poke-darakelife:20191229145956j:imagef:id:poke-darakelife:20191229150007j:image

理由はよく分からないけどこの枚数が1番しっくりくるセット。ズガドーンアーゴヨンを組み始めてから一回も変えていない。

 

 

リセットスタンプ(2)

f:id:poke-darakelife:20191229150023j:image

2枚必須。このデッキ特有の山掘り性能により引きたい時に引けるようにしてある。使ってみたらわかる、2枚入れた方が強い。

 

 

カスタムキャッチャー(4)

f:id:poke-darakelife:20191229150036j:image

このデッキ特有の山掘り性能(n回目)により手札が多くなることが多いのでカスタムキャッチャーは相性が良い。

 

 

しまめぐりのあかし(1)隠密フード(1)

f:id:poke-darakelife:20191229150054j:imagef:id:poke-darakelife:20191229150107j:image

島巡りの証については理想の動きで説明済み。隠密フードはオドリドリGXに付けて、キュウコンの「きゅうびのいざない」、ミミッキュの「シャドーボックス」、前に貼ってフィオネの「ひきよせのうず」を無効化する。この前の愛知CLでもミミッキュを入れているデッキを多数見た。



溶接工(4)シロナ&カトレア(2)

f:id:poke-darakelife:20191229150127j:imagef:id:poke-darakelife:20191229150138j:image

溶接工については説明するまでもない。シロナカトレアは溶接工を再利用する。



マリィ(2)

f:id:poke-darakelife:20191229150204j:image

無難に強いかなと。このデッキ特有の山掘り性能(n回目)により引きすぎたカードを山に戻す。自爆LOは草生えない。

 

 

ザオボー(1)

f:id:poke-darakelife:20191229150226j:image

フィールドブロアーの代わり。フラダリラボやリセットホールマーシャドーでもいいが、意外と手札が暇になることもあるので、シロナカトレアで回収もできるサポートでの採用。

 

 

巨大なカマド(2)ヒートファクトリー(1)

f:id:poke-darakelife:20191229150254j:imagef:id:poke-darakelife:20191229150318j:image

炎エネルギーをトラッシュしてアーゴヨンでチャージアップをする。炎エネルギーのトラッシュしすぎに注意してトラッシュの確認を定期的に行う。

 

 

基本超エネルギー(1)ビーストエネルギー(1)

f:id:poke-darakelife:20191229150358j:imagef:id:poke-darakelife:20191229150408j:image

超エネルギーはビーストリング→アーゴヨンGX用。ビーストエネルギーの30点upはズガドーンGXの炎エネルギーロスト枚数を1枚減らしたりできる。

一応オドリドリGXが技打ったりアーゴヨンGXがインジェクションGX打ったりできる(使わない)

 

 

以上