内田のポケモンだらけ生活

主にポケモン時々その他。

【ポケモン剣盾】マスターボール級達成構築

 

最近ポケカの記事ばっかでゲームの方はお久しぶりです。初の剣盾での記事になります。

先日マスターボール級に上がることができたのでパーティーの紹介をします。

f:id:poke-darakelife:20191217101332j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 パーティー紹介

ドサイドン@きあいのタスキ

f:id:poke-darakelife:20191219001958p:plain

性格 やんちゃ

特性 ひらいしん

数値 222(252)-211(252)-151(4)-x-54(0)-60(0)

技構成

ロックブラスト→技スペースの関係で技1つだけ、無効タイプ無し、ミミッキュに強い

つのドリル→重いアーマーガアなどに役割を持たせる

ステルスロック→襷潰しやヒートロトムを削ることによってトゲキッスの通りを良くする

メタルバーストダイマックスポケモンのストッパー

 

採用理由はメタルバーストを覚えてHPが高い、電気の一貫を切るためです。

D個体値0なのは、例えば万が一トゲキッスなどに襷メタルバースト読まれて炎技打たれた場合出来るだけダメージを与えるためです。

特性はハードロックで無ければ、避雷針か夢特性のすてみ、どちらでもいいです。一応スキルスワップのことを考えてすてみで厳選してましたが避雷針で良い個体が生まれたので妥協しています。

 

 

 

トゲキッス@じゃくてんほけん

f:id:poke-darakelife:20191219001932p:plain

性格 臆病

特性 てんのめぐみ

数値 175(116)-x-115(0)-158(140)-135(0)-145(252)

技構成

エアスラッシュ

マジカルシャインダイマエアスラと威力同じ、安易に打つとミストフィールドを展開するので注意

だいもんじ→放射とどっちが良いか未だに分からない

わるだくみ→必須、後述

 

サザンドラを見たら絶対選出。僕の下3体の受けポケモンを見て絶対選出してきます。

ダイマックス後のエアスラ怯みやミラーを考えて最速、耐久調整は特になく16n-1残りCに降りました。無難に強いですが弱いところを上げるとすれば火力が無いので、上手いこと悪巧みを積めると一気に勝ちに繋がりやすいと思います。

悪巧みがダイウォールに変わるのが強く、ダイウォールで相手のダイマックスを枯らしたり、逆にわざと自分のダイマックスを枯らして悪巧みにシフトする動きで負け筋を減らせた試合もありました。

 

 

 

アイアント@いのちのたま

f:id:poke-darakelife:20191219001901p:plain

性格 ようき

特性 はりきり

数値 133(0)-161(252)-133(4)-x-68(0)-177(252)

技構成

アイアンヘッド

ばかぢから

かみなりのキバ→これが無いとアイアントは弱い

ストーンエッジ→ダイロックはダイマCSヒートロトムを倒せない、おかしい

 

火力やばい技範囲やばい。

ダイマックスしてもしなくても強く、トゲキッスと両選出してダイマックス枠の選択ができます。

アイアントを抜いているポケモンがいない時は刺さりがよく、3タテすることもしばしば。逆にドラパルトやエースバーンなど抜かれるポケモンがいると弱いので、見たら選出しないことが無難です。

 

 

 

ドヒドイデ@くろいヘドロ

f:id:poke-darakelife:20191219001846p:plain

性格 ずぶとい

特性 さいせいりょく

数値 157(252)-x-224(252)-73(0)-163(4)-55(0)

技構成

ねっとう

どくどく→黒い霧と選択なことが多いが、サニーゴが黒い霧を覚えていることや、使ってても使われても毒の方が強いから

じこさいせい

トーチカダイマックスを枯らし回復できるため1番よく使う技

 

相手のダイマックスのターン消費能力がすごい。ドサイドンがよく残りHP少ない状態で場に残ってしまうことが多いので、ドヒドイデを一緒に選出していたら再生力とダイマックスターン枯らし目的でドサイドンは取っておくと良いです。

 

 

 

ガラルサニーゴ@しんかのきせき

f:id:poke-darakelife:20191219001756p:plain

性格 ずぶとい

特性 のろわれボディ

数値 167(252)-x-167(252)-x-121(4)-50(0)

技構成

ちからをすいとる

ナイトヘッド

おにび

くろいきり→持ってないと思われて積み技でごり押そうとしてくることが多い

 

物理ならダイマックスしていてもほぼ全てのポケモンを受けられる。サニーゴ1匹で物理ダイマックスポケモンを枯らすor交代に持ち込めるのが強い。攻撃を受けるだけで呪われチャンスが生まれるのも強く、こだわりアイテム持ちが多い環境には出すだけで刺さっている。

弱い点は、例えば物理ポケモン対面で択が生まれることが多いこと。もし確定2発で落としてくる相手ならちからを吸い取るや鬼火を押さなきゃいけないし、引いてくるならナイトヘッドを押したい。詰ませ性能が高いぶん、使い方が少し難しいと思いました。

 

 

 

カビゴン@たべのこし

f:id:poke-darakelife:20191219001711p:plain

性格 しんちょう

特性 あついしぼう

数値 257(172)-130(0)-98(100)-x-176(236)-50(0)

技構成

のしかかり

じわれ→ダイアースでDアップ、じわれでサニーゴドヒドイデカバルドンに強い

ねむる

ねごと

 

特殊受け。サザンドラトゲキッスに勝てそうになくて弱いんじゃないかと思ってましたが使ってみると意外と強かったです。相手からすると鈍いや木の実リサイクル型に見えたり厚い脂肪が読まれにくいのと、じわれによる受けサイクルの崩し、ダイアースによる地面技変換とDアップ、ねむるであくびループや麻痺撒き対策になるのが強かったです。

ただ型を知っていると対策は簡単で、ダイサンダーダイフェアリーで眠らせない、普通に悪巧みなどでゴリ押せば特殊でも勝てると思います。

 

 

 

 

選出のやり方、勝ちへの考え方

 選出が3パターンあってそれぞれ考え方が違います。

 

選出パターン①対面選出

f:id:poke-darakelife:20191219001455p:plain + f:id:poke-darakelife:20191219001337p:plain + f:id:poke-darakelife:20191219001509p:plain
相手にラプラスなど明らかな崩しポケモンがいるときに選出します。

ドサイドンのステロで襷潰しやメタルバーストで数的有利を取り、トゲキッスorアイアントダイマックス選択をし対面的に倒します。

交代は絶対にしません。トゲキッスアイアントはどちらもダイマックスしなくても強いポケモンなのが肝です。

 

 

選出パターン②受け+積み選出

 f:id:poke-darakelife:20191219001015p:plain or f:id:poke-darakelife:20191219000914p:plain + f:id:poke-darakelife:20191219000933p:plain + f:id:poke-darakelife:20191219001337p:plain 

ここで意識するのは先に相手にダイマックスさせることです。受けポケモンでサイクルをしていると崩しのためダイマックスをしてくることが多いので、なるべくターンを稼ぎながら後ろのトゲキッスが辛いポケモンを削っていきます。

自分だけダイマックス権を残せれば、相手はダイマックスをダイマックスで受けることが出来なくなるのでほぼ止まりません。

 

※時々、受けポケモンを1匹外して代わりにドサイドンを選出するときがあります。これはドサイドントゲキッスは選出確定で、アイアントを選出したく無い時に消去法で受けポケモンを1匹選んでいる状況です。この場合は先発ドサイドンで、ドサイドンがあまり仕事できなさそうな相手なら受けポケモンに引くという行動をとります。しかし、これも同じように相手を先にダイマックスさせるということは意識します。

 

 

選出パターン③受け選出

f:id:poke-darakelife:20191219000933p:plain + f:id:poke-darakelife:20191219001015p:plain + f:id:poke-darakelife:20191219000914p:plain

相手に対面ポケモンが多かったり、今日は受けたい気分だなあと思ったらこの選出をします。

ダイマックスするのはカビゴン9割ドヒドイデ1割サニーゴ0割です。物理受け2特殊受け1なので負担がかかりやすく、攻撃もできるカビゴンダイマックス枠に最適ですね。この選出でも相手に先にダイマックスさせることは意識します。完璧な受けループでは無いのでいつか「やばい、受からない」と思った時用にダイマックスを残しておくのは重要になってきます。

 

 

 

 

重く見るポケモン

アーマーガア

こいつがいるだけで受けポケモンを選出したくなくなります。しかし逆に考えるとアーマーガアが出てくるとトゲキッスアイアントの刺さりが良くなります。よって選出パターン①の対面選出をすることが多いです。

 

ヒートロトム

トゲキッスが刺さらない、受けてもトリックやボルチェンが辛いです。

ヒートロトムが見えたらドサイドンは選出確定、絶対裏から出てくるので出来るだけステロを撒いてトゲキッスアイアントどちらかを頑張って通します。

初手ドサイドンvsヒートロトムの場合はロックブラストを押します。引いてきたらステロを打てばいいのですが、なぜか突っ張ってくることが多いです。

 

ウォッシュロトム

トリックが無ければカビゴンで受けられますが選出段階で見えないので安定をとってトゲキッスを選出するしかないです。他のポケモンで削りながらトゲキッスを通しましょう。

 

 

選出段階でつらいのはこのくらいです。

とにかくこの構築は上3体に強いポケモンに下3体が強く、下3体に強いポケモンに上3体が強いという風になっています。選出誘導を生かして上手く選出を当てることができれば簡単に勝てることも多いです。

とりあえず新しいパーティーが出来るまでは今後もこのパーティーを使い続けて行く予定です。

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。一応レンタル用のコードを公開しておきます。カビゴンドヒドイデサニーゴの技PPは全て上げてありますのでご安心ください。

 

f:id:poke-darakelife:20191218220810j:image